便利な水宅配は、ウォーターサーバー。

水の宅配で届く天然水は、殺菌処理の方法で呼び名が変わります
殺菌処理の方法は、天然水の味、コスト、安全性にかかわる重要な問題です。

無殺菌

 

ナチュラルウォーター
殺菌処理をまったくしない、源泉から汲み上げたそのままを空気に触れることなくボトリングしているミネラルウォーター。一切の処理がなされていないので、真の意味で「天然水」と呼ぶことができます。EU基準のナチュラルウォーターのすべてがこれにあたりますが、日本にはこれに該当するミネラルウォーターは希少です。

除菌

 

ナチュラルミネラルウォーター

 

加熱はしていませんが、セラミックや中空糸膜などの濾過フィルターを使い除菌処理をしたミネラルウォーターです。
非加熱であるため、水に含まれるミネラルが減少したり、水のおいしさの要素である酸素や炭酸ガスが失われることがなく、自然に近いおいしさが味わえます。雑菌と同時に人体に有益な生菌も除去されてしまいます。

非加熱殺菌

 

ミネラルウォーター
加熱殺菌でもフィルター除菌でもなく、オゾン殺菌や紫外線殺菌など、非加熱の殺菌処理をしているミネラルウォーターです。
アメリカではこの処理が最もポピュラーで、州法によってオゾン殺菌を義務づけているところもあります。
非加熱であり、水のおいしさを維持できますが、設備投資が必要なため日本のメーカーで採用しているところは希少。

加熱殺菌

 

ボトルドウォーター
日本のペットボトルのミネラルウォーターは、ほとんどがこれに属します。
日本の食品衛生法にのっとり加熱殺菌したものです。処理の仕方は各メーカによってまちまちで、安全面では確実だが、微量ではあるが水の中の酸素や炭酸ガスが失われ、ミネラル分も減少し味に影響します。