便利な水宅配は、ウォーターサーバー。

ウォーターサーバーについて

ウォーターサーバーとは

 

水の宅配をする会社が利用者に設置してもらう家庭用の電気機器です。上部の貯水タンクに設置し、冷水と温水をいつでも簡単に、コップに入れて飲む事が出来ます。
水の補充は、水の宅配によって行います。一般的にウォーターサーバーは、水の入った容器が空になる度に、宅配された新しい水の容器と交換します。
交換する宅配された水のボトル、パックは、ガロンボトルを取り替える、リターナブル方式が主流でした。近年は、ボトル内に空気が入るのを極力押さえ、入る空気も清浄する、無菌エアシステムを搭載したワンウェイ方式のウォーターサーバーに人気があります。
会社や官公庁、施設での利用が主流でしたか、震災を機に、水への不安から一般家庭でも、かなり普及しています。
赤ちゃんのミルク、健康意識の強い独身の方や学生、高齢者の健康管理などの利用が増えてきています。

水の宅配

 

宅配される水の入ったボトルは、各社12Lが主流で、2本単位での配達が標準です。 水の宅配は無料が主流です。追加する水の宅配も無料の場合がほとんどです。 ただ、北海道、沖縄や離島については、送料がかかる場合が多く、サービスを行っていない会社もあります。
宅配の間隔は、定期便で、毎月1セット以上、2本単位で水の宅配を条件にするところがほとんどです。
独身の方や、高齢者の方で、利用する量が少ない方はアクアリズムなどですと、隔月で利用することが出来ます。
利用を休止する月は、水の宅配業者に連絡します。
水の宅配を利用する際、不在時の宅配業者の対応や、水の宅配の時間指定などが出来る会社と出来ない会社があります。
最近では、宅配された水が、女性や高齢者でも取り扱いやすい7リットルパックを4個で販売する会社もあります。

ウォーターサーバー本体

 

タイプは大きく分けて2種類あります。 ガロンタイプといわれる回収交換式のサーバーと使い捨てを使う無菌サーバーです。
水は、5℃前後の冷水と90℃前後の熱湯が出るものがほとんどで、月にかかる電気代が各社1000円程度と報告しています。
水の宅配をするほとんどの会社が無料レンタにルしています。

宅配される水の種類

 

宅配される水は選択できる会社と、1種類しかない宅配があります。 富士山、京都、大分の日田 で採取された天然水を販売する水の宅配会社がほとんどです。
独自に天然水を採取しているMizの樹は、阿蘇の天然水、福岡の二丈温泉のラドン水を販売しています。
また、RO水を呼ばれる、真水を販売しているところ、ナチュラルウォーターと呼ばれる、ヨーロッパの硬水を販売している水の宅配会社もあります。