便利な水宅配は、ウォーターサーバー。

ウォーターサーバーを選ぶポイント

水の宅配「ウォーターサーバー」を選ぶ時、どのようなポイントに注意すればよいでしょうか。

 

ウォーターサーバーについて

現在は、ほとんどがレンタルで無料。しかし、契約期間によって、違約金が必要になるので、最低契約期間を確かめることが大切。

 

水の選び方について

水選びも、「ウォーターサーバー」決定の重要ポイントです
何種類も扱いがある会社だと、途中でいろんな味が楽しめます。
中止する点は、非加熱処理か加熱処理か
非加熱処理の天然水は、ナチュラルミネラルウォーターといわれ、溶存酸素も多くおいしいといわれています。ただし、管理が難しく、雑菌不純物が混じることもありえます。厳重な管理の下にパッケージされていたとしても、それを信じるしかありません。
天然水を扱う会社は、採取する会社と販売する会社に分かれている場合があります。採取した水を販売会社が売るわけです。こういった会社は、いろんなサービスがあり、華やかです。
ただ、品質に直接かかわっているわけではないので、考慮すべきかもしれません。
ほとんど、富士山、日田、京都の水になっているのは、そういった理由が挙げられます。
掘削するのは費用がかかるので、掘削する会社が販売会社に天然水を売っているわけです。
ウォーターサーバーと名がつくところに、浄水した水にミネラルを添加する会社はないと思いますがこのあたりも注意が必要です。
家族の人数によっても、消費する量が違うと思いますから、少ないパッケージで販売してくれるところ、たとえば、水の宅配、アクアリズムは、隔月で宅配してもらえますので、高齢者や一人暮らしによいでしょう。フレシャスは継続すると安くなり、Mizの樹は、たくさんたのめば大幅に割り域になります。

 

ボトルが使い捨てか、回収か

ほとんどの会社が、使い捨てのパッケージになっています。
清潔、安全の観点からですが、割高になるのも否めません。
水の宅配で、ガロンボトルのウォーターサーバーは、相対的に安価です。
やはり使い捨てボトルに経費をかけなくてもいいから?
なのかもしれません。
環境ホルモンが心配されます。
「しかし、コレだけペットボトルが出ているのだから、あまり気にしない」
という方がいるのも事実。
選ぶ理由はそれぞれです。