便利な水宅配は、ウォーターサーバー。

硬水と軟水

日本の水は軟水

 

日本の水は軟水
軟水と硬水の違いは、ミネラル分である、カルシウムとマグネシウムを合わせた量で硬度と岩列数値を計算し、100を超えると硬水、超えないと軟水といわれます。
火山灰で出来た日本列島は、地下にミネラル分が少なく、軟水です。
硬度があると、味のあるおいしい水に感じますが、ありすぎると、おなかを下したり、飲みにくく感じたりします。ウォーターサーバー各社もほとんどが軟水で、赤ちゃんのミルクにもほとんどが対応できます。
普段、料理や飲料水とて使うには、軟水、その中でも硬度が30以下の超軟水の方が、使いやすいでしょう。

硬水の特徴

独特の苦みやえぐみがある。
石鹸や洗剤が泡立ちにくい。
ミネラル豊富でダイエットに役立つ
肉の灰汁が出やすい。
パスタにコシを与える。
便秘解消に役立つ

軟水の特徴

日本料理に使える
石鹸や洗剤が泡立つ
お米などに十分水分が吸収させられる。
お茶や紅茶をおいしく入れるのに、適している。