便利な水宅配は、ウォーターサーバー。

加熱処理 非加熱処理の違い

加熱処理と非加熱処理の違いは、読んで字のごとくです
水の殺菌処理を、熱を加えて殺菌するか、そうでないかの違いです。
日本では、原水を121℃で6秒の高温瞬間殺菌、つまり加熱処理して殺菌すること、または同じような効力のある方法で殺菌または、除菌ろ過することが前提とされています。
加熱処理
文字通り加熱します。雑菌を確実に安価に出来ます。
加熱することで酸素と炭酸ガスが抜けてしまい、水のうまみを示す溶存酸素値が低くなります。
非加熱処理
天然水を過熱して殺菌するかわりにオゾン殺菌などを使い、除菌します。
反面、生産がクリーンであることが大切で、コストもかかり、それが天然水の価格にも反映します。